骨盤の歪みよりも深刻な問題をご存じですか?

骨盤の歪みよりも深刻な問題

 勝どきカイロプラクティック 0355348480


 
効果の高い産後の骨盤矯正をお望みの方に選ばれている治療院です。カラダ全体を変化させるカイロプラクティック骨盤矯正。

HOME | 歪みよりももっと深刻な問題は神経系が正確に機能していないことです

骨盤の歪みよりも重要な問題を
   ご存じですか?

そもそも骨盤の歪みは正確に検知できません!

 
「骨盤の歪み」の考え方はそれぞれの治療院、整体院、接骨院で違うと思います。
目で見て歪んでると判断したり、触れてみて歪んでいると判断したり、関節が動かないから歪んでいると判断したり...etc、様々だと思います。私はカイロプラクターですが、骨盤が「歪んでいる」と感じても
あまり重要視しません。そもそも人間の骨盤の骨の形は左右対称ではありません!
そして、骨盤の傾き、可動性、脚の長さは様々な状況で変化します。

・うつ伏せや仰向けの寝かせ方で。
・その日の大脳半球の疲弊度にも影響。
・関節を特定の方向に擦ってあげる。
・嫌いな上司の顔を頭に想い浮かべる。
・可動域検査の身体の誘導の仕方。…etc

 
骨盤の「歪み」を検査するには不確定要素が多いのです。よって当院の骨盤矯正では「歪んでいる」と感じることよりも、骨盤を構成する関節の神経系が正しく機能しているか否か」を、問題視しています。
この判定になくてはならないものが、アクティベータ・メソッドの下肢長検査というものです。


 骨盤の骨の形状は決して左右対称ではありません

 
「歪みを重要視しない」と考えるのには理由があります。
仮に不確定要素が無い状態で、目で見て歪んでいると判断する、手で触れて歪んでいると判断することは一体どこまで正確にできるのでしょうか?下の2枚のX線写真は私の骨盤のレントゲン写真です。
注意深くみてみると右の骨盤が下がり、左側は上がっています。

 

これって、もしや・・・?「骨盤が歪んでいる」って状態ではないですか?
そうなんです。私は歪んでいる...みたいです。しかし、カラダに触れてみて、骨盤がどのように歪んでいるかチェックしても必ずしも、このX線所見と同じ触診結果となるとは限りません。
全く逆の触診結果がでることもあります。またX線所見では、きれいな骨盤を形成していても、触診の結果、歪んでいると判断されることもあります。その理由は、
必ずしも、骨の形が左右対称の形をしているとは限らないからです。
よって、人間の手では骨盤の歪みを検知するのは至難の業なのです。熟練したカイロプラクターの先生方は、
豊富な知識、患者さんが訴える症状、カラダの他の部位の状態をもとに、過去の治療経験を総動員して患者さんの骨盤の歪み方(変位)を決定しています。


 

骨盤関節から神経系への影響を考慮するべきです

 
とても重要なことですが、
 
「歪んでいる」という状態よりも、その骨盤(関節)が神経系に
 何らかの影響を及ぼしているという状態の方がより深刻なのです。
 
例えば、ヒトが普通に2本足で立っている状態で「両腕を肩の高さまで前方へ上げてください」と指示されたら、普通であれば、簡単に腕を上げることができます。そしてカラダのバランスを崩すこともありません。いたって簡単な動作です。しかし、ヒトのカラダの構造上、実は腕を前に上げる動作に伴い、重心位置が変化して、前に倒れてしまうのが本来の姿なのです。では、なぜ前に倒れないのか?
 
それは腕を上げるに伴い、カラダのあらゆる関節が自分の位置情報を感知して、体幹を安定させて姿勢を微調整しているからです。これをフィードバック現象と呼びます。そして、骨盤を構成する関節群は、この微調整の働きに重要な役割を果たしています。今まで表現してきた「神経系への影響」とは、骨盤を構成する関節が姿勢を保つために正常に機能していない状態示しています。つまり、

この関節の機能異常をリセットすることが当院の骨盤矯正となります。

 
筋肉をマッサージしたり、電気、超音波、低周波をあてれば筋が引き締まりますので、ウエストまわりが細くなったり、ヒップアップするのは当然の結果です。
「はい、これで骨盤矯正おしまい」では中途半端です。関節が正常でなければ、その筋の緊張度を維持できません。
以上のことから、当院では手で感じられる「歪み」よりも、「関節の神経機能障害」の方を問題視しております。



骨盤の歪みと神経系の問題の組み合わせは下記の3パターンです。
 
①骨盤が歪んでいる →神経系の影響あり
②骨盤が歪んでいない→神経系の影響あり
③骨盤が歪んでいる →神経系の影響なし
 
勝どきカイロプラクティックの施術対象は、①と②です。
に関しては、「骨盤の歪みを矯正します」と看板を掲げている店舗にお任せしたいと
思います。その理由は、前述しましたが下記です。
 

・本来、骨盤は歪みにくいものである。
・ヒトのカラダはバリエーション豊富で骨格には個人差がある。
・歪んでいても、身体に悪影響を及ぼさない状態の骨盤も存在する。

 
当院の骨盤の矯正は「歪んでいる」、「歪んでいない」の判断基準で行うのではなく、
骨盤(仙腸関節等)がカラダに神経的な悪影響を「及ぼしているか、否か」という
判断基準で行います。当院では、神経系への影響の有無をアクティベーター・メソッドの下肢長検査を用いて確認しております。
 
 
 

 痩せにくいのも骨盤の問題が原因?